本文へスキップ

"十勝川中流部市民協働会議は、より良い川を、みんなでつくる活動をしています!


十勝川アシチェノミとは

十勝川でのアイヌ民族の儀式復活に向けて

アイヌ語で「アシ」は「新しい」、「チェ」は「魚」、「ノミ」は「祈り」。
アシチェノミとは、秋の初めに海から川を遡上(そじょう)するサケを捕獲し、カムイ(神)に感謝の祈りをささげる儀式のことです。
アイヌの人々にとってサケは最も大切な自然の恵みとされてきました。

今年から十勝川でもこの儀式を復活することになりました。
自然を大切にし自然から恵みを受けてきたアイヌ民族の文化の一端に、みなさんも触れてみませんか。
アイヌ伝統舞踊の実演やアイヌ料理の試食、マレという伝統的な漁具を使ったサケ漁の体験もできますよ。

 → 第1回 十勝川アシチェノミのご案内
 → 第2回 十勝川アシチェノミのご案内
 → 第3回 十勝川アシチェノミのご案内
 → 第4回 十勝川アシチェノミのご案内

カムイノミ(2018年「第1回十勝川アシリチェプノミ」にて)

帯広カムイトウウポポ保存会による伝統舞踊(2018年「第1回十勝川アシリチェプノミ」にて)



私たちが「十勝川アシチェノミ」にかかわるわけ:持続可能な川づくりに向けて

私たち十勝川中流部市民協働会議は、十勝川の中流部を舞台に「よりよい川」をみんなでつくる活動をしています。
近年は、大量消費社会が生んだ環境問題への反省から、「持続可能な社会」として、利用しながらも資源を枯渇させずに残していく文化が求められています。

川からサケなどの食糧を得て、なおかつ、長い間自然を壊さないように共生してきたアイヌ民族の文化は、まさにそのお手本です。
川のアイヌ文化を学び、また、紹介することで、少しでも「持続可能な川づくり」に近づいていけるのではないかという思いで、 今回、十勝のアイヌの方々による「十勝川 アシチェノミ」復活のお手伝いをさせていただくことになりました。

ぜひ、多くの方に関心を持っていただき、川のアイヌ文化の一端に触れていただきますようお願いいたします。



      このWEBページは、公益財団法人 河川財団の河川基金の助成を受けています