本文へスキップ

"十勝川中流部市民協働会議は、より良い川を、みんなでつくる活動をしています!


十勝川サロルンリセとは

十勝川でのアイヌ民族の文化紹介に向けて

アイヌ語で「サロン」は「鶴」、「リセ」は「踊り」です。
サロルンリセとは、「鶴の舞」を意味し、十勝では、雛鳥が徐々に成長し羽を広げて飛び立ち踊る様を表現しています。
平取では「鶴の舞」を「ハラキ」と呼び、湿原で遊んでいる鶴の様子と大空をはばたく様子を表現しています。
2018年に「十勝川アシチェノミ」を開催した際、アイヌ民族による古式舞踊を披露していただきました。
自然を敬い、自然と共存する生活の中から生まれたアイヌの踊りには鳥や狩り、遊びなどの題材がたびたび登場し、踊りの種類も豊富で、実に多彩なものだと伺いました。
このような舞踊を十勝でもご覧いただく機会を広げようと思います。自然を大切にし自然から恵みを受けてきたアイヌ民族の文化の一端に、みなさんも触れてみませんか。

→ 第1回 十勝川サロルンリセのご案内
→ 第2回 十勝川サロルンリセのご案内


帯広カムイトウウポポ保存会による伝統舞踊(2020年「第2回十勝川サロルンリセ」にて)



私たちが十勝川でのアイヌ文化を紹介するわけ:持続可能な川づくりに向けて

私たち十勝川中流部市民協働会議は、十勝川の中流部を舞台に「よりよい川」をみんなでつくる活動をしています。
近年は、大量消費社会が生んだ環境問題への反省から、「持続可能な社会」として、資源を利用しながらも枯渇させずに残していく文化が求められています。
川からサケなどの食糧を得て、なおかつ長い間自然を壊さないように共生してきたアイヌ民族の文化は、まさにそのお手本です。
アイヌ文化を学び、また、紹介することで、少しでも「持続可能な川づくり」に近づいていけるのではないかという思いで、 アイヌの方々による十勝川 でのアイヌ文化の紹介のお手伝いをさせていただくことになりました。
ぜひ、多くの方に関心を持っていただき、アイヌ文化の一端に触れていただきますようお願いいたします。



      このWEBページは、公益財団法人 河川財団の河川基金の助成を受けています