本文へスキップ

"十勝川中流部市民協働会議は、より良い川を、みんなでつくる活動をしています!


アイヌ文化とカムイとサケ

伝統的なアイヌ文化と自然の恵み

伝統的なアイヌ文化では、ヒエやアワなどの畑もつくっていましたが、基本的に自然の中での植物採集や漁や狩りなどによって食べものを手に入れ
ていました。

カムイ

自然の恵みは、カムイ(神)によってもたらされます。
カムイは神といっても絶対的な唯一神ではなく、自然の生き物やできごと、また、アイヌ(人)がつくった物など、様々なものに宿る存在です。
恵みだけでなく、病気などの災いをもたらすものもいます。

    カムイの例(ごく一部)
     ワッカウカムイ 水のカムイ
     ミントチカムイ  水に住む精霊のようなカムイ
     キムンカムイ   山のカムイ(ヒグマ)
     アペフチカムイ  火のカムイ
     コタンコカムイ 村を領有するカムイ(シマフクロウ)

カムイノミ

アイヌ文化では、何か大事なことをするときや自然の動植物を利用するときには、「カムイノミ」(カムイへの祈り)をして無事や恵みを願い、
また、恵みを得たときには感謝をささげます。
イナウ(木弊)を祭ったヌサ(祭壇)は、カムイモシ(カムイの世界)がある川の上流に向かって置かれます。


カムイノミ(2018年「第1回十勝川アシリチェプノミ」にて)


















アシチェノミ

アイヌ語で「アシ」は「新しい」、「チェ」は「魚」、「ノミ」は「祈り」。
アシチェノミとは、秋の初めに海から川を遡上(そじょう)してきたサケを捕獲して、カムイへの感謝の祈りをささげるカムイノミのことです。

アイヌ文化とサケ

内陸に住む人々にとって、川の魚は大切な食べものでした。
中でもサケは、秋、産卵のために海の栄養を蓄えて大量にのぼってくるため、秋・冬から翌春にかけての大切な食べものであり、「カムイチェ
神の魚」と呼ばれています。


川をさかのぼるサケ


サケを使ったアイヌ料理

アイヌ文化では、魚肉だけでなく、内臓やヒレも料理に使います。卵であるイクラ(アイヌ語でチポ)は、調味料
のように利用されます。
また、干したり燻製にしたり、凍らせたり(ルイベ)して、保存食とされました。。


チェオハウ
 
チポイモ


口伝えとリム、ウポポ

伝統的なアイヌ文化では、物語などはすべて口伝え(口承)によって伝えられました。
また、リセ(踊り)やウポポ(歌)が数多くあり、日々の暮らしの中で、また、儀式を行う際に演じられ、伝えられてきました。
物語であるサコペ(英雄叙事詩)やオイナ(神々の物語)も節をつけて歌われ、語り継がれてきました。


セ(伝統舞踊)(2018年「第1回十勝川アシリチェプノミ」にて)















アイヌ語の発音と書き方:「アシ」など 
アイヌ語には、一般的な日本語文字では表せない発音があります。
子音に近く、アルファベットで書くと「k、s、t、p、m、y、r」などになります。
ここでは、これらを日本語文字で表す場合、近い発音の文字を小さく書きます。
例えば「新しい」という意味の「アシ」では、「アシ」と言ったあとに「リ」と言いかけて終わる感じです。



      このWEBページは、公益財団法人 河川財団の河川基金の助成を受けています 

バナースペース